ふれあい地区社協ってなに?

ふれあい地区社協とは 

 ふれあい地区社会福祉協議会(以下、ふれあい地区社協)は、誰もが安心して暮らせる「福祉のまちづくり」を目的に、地域内にある住民組織によって構成され、私たちの身の回りに起きている福祉問題について協議し、問題解決の活動を推進していく住民の自主的な組織です。


ふれあい地区社協活動が求められる背景

 高齢化が進み、一人暮らしのお年寄りの孤独死や、介護者の介護疲れなど多くの問題が発生しています。このような問題の多くには行政が対応していますが、個々の細かい点までは対応しきれていないのが現状です。特に心の安心に関わる「住民間のふれあい」については解決できるものではありません。

 そのような問題や不安を、地域のひとりひとりでもできる「目配り、気配りのできる範囲」で助け合い解決していく為の地域組織活動として求められています。

組織の構成

組織の構成

 ふれあい地区社協の組織は、自治会・老人クラブ会・民生委員をはじめとする各種住民組織によって構成されます。


各地区社協の組織員 

  • 行政区を統括する区長
  • 区長を支える世話役及び班長
  • 区担当民生委員
  • 単位老人クラブ員
  • 単位婦人会員
  • 保健推進委員
  • 区担当母子保健推進委員
  • 食生活改善推進委員
  • 単位子ども会世話人
  • 区担当消防団員
  • ボランティア参加員等

 これらの組織員で構成され、要援護者の見守り活動を計画、実施、確認を行います。これは、地域を支えるリーダーシップを担う重要な役割ということになります。